/* JavaScript対応ブラウザで表示するとよりダイナミックなページが楽しめます。 */

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sahara

「ミリオンダラー・ベイビー」が重いテーマだったので、見終わった後『単純に楽しめる映画が見たい!』とずっと思ってました。

この「サハラ」がまさにそれで、「グーニーズ」や「インディ・ジョーンズ シリーズ」のような、久しぶりに見たこれぞ冒険活劇!な映画でした。

原作はシリーズ化している欧米の冒険小説で、主人公はダーク・ピット。演じているのはマシュー・マコノヒーなんだけれども…これがカッコイイじゃないの!
彼はいわゆる、往年のハリウッド・スターにあった「男らしい」タイプ。この役を得たから鍛えました、的な肉体ではないし、ワイルドさが漂う感じ。(日に焼けてるのもある?)背も高いし、守ってもらいたいわ?と思わせる男性だと思います。正直、こんなにアクションアドベンチャーものが似合うと思ってませんでした。(笑)

彼の出演作(「評決の時」とか)はいくつか見ているけれども、それがあんまり印象に残ってない。(主役なのに(汗))サンドラと噂になったり今回の映画ではペネロペと、一体どこがそんなに魅力的なのか分からなかったんですが、この映画で分かりましたよ。

今までの映画は彼の魅力を生かしきれてなかったんですね。頭もキレて行動力があってユーモアがあってセクシーで、頼れる男。そんな男、ダーク・ピットは原作者も認めるほど、彼にピッタリはまってました。
今後シリーズ化して欲しいなぁ。映画は5点満点中4.5!

Mii


映画も原作がしっかりしているだけあって、途中飽きさせる事なく最後までワクワクしながら見る事が出来ました。
出演者も、いわゆるお金の掛かる俳優を使わない代わりに、しっかりその役にあった人物を選んでたと思います。メロビンジアンが出てましたよ。マトリロの。(「マトリックス・リローデッド」)また同じような感じで笑っちゃいましたけど。(笑)

ダーク・ピットの親友アル(スティーブ・ザーン)とのコンビが最高です。原作でもアルは出てくるんでしょうかね?いずれいしてもナイス キャラです。

キャスト陣は地味でも、その分他(セットや小道具、ロケなど)にお金を掛けていて、そういう意味ですごく豪華な映画でした。
同シリーズの映画は過去に1作(「タイタニックを引き揚げろ」だったかな?)あって、何でも原作者がその映画を気に入らず、自分の作品は今後映画化しないと決めたようです。
今回の映画化にあたり、同じ失敗はしないという事で(恐らく)原作者の意向が最大限生かされるような条件で進めたんでしょう、いくつかツッコミどころはありましたが(笑)、それもいいか、と思えるくらい面白く、老若男女が楽しめるエンターテイメントに仕上がっていたと思います。

実は今、ダーク・ピット シリーズの一冊を読み始めてるんですが…ヤバイです。惚れそうです。
マシュー・マコノヒーにもちょっと…ヤバ。
GBには全然食指動かなかったのに、、、。(タイプじゃないもんで)

映画が公開されたらもう一回見に行きたいかも。

sahara_bannar_blog.jpg
スポンサーサイト

Red Carpet«  | HOME |  »Arrived !

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

POST

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://session.blog8.fc2.com/tb.php/11-af39bd36

 | HOME | 

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。