/* JavaScript対応ブラウザで表示するとよりダイナミックなページが楽しめます。 */
FC2ブログ

2018-12

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Constantine

今日から私もブログ デビュー。あまり気負わず書いていこうと思います!

一昨日、12日にキアヌ・リーヴス主演映画「コンスタンティン」を見てきました。プレミアではなく、ただの試写会。
その日はむちゃくちゃ寒くて凍えそうでした、、、。(桜咲いてるのに!)

肝心の映画はあまり期待しないようにしていたのが良かったのか、まあまあ。<5点満点中3点くらい(大目)>監督がミュージック ビデオ出身の為、映像(カット)は良かったです。時間が止まる時の感じとか。
「マトリックス」(1作目)程の衝撃はありませんでしたが。マトリロ、レボ(面倒くさいので略称)の悪夢を払拭する・・・とまではいきませんでした。(汗)

世界観は好きなのでストーリーに不満は無いけれど、手放しで面白かった!と言えないのは、やっぱりキアヌにジョン・コンスタンティン役は合わないなぁ、と思った事。

余命幾許もなく、なんとか天国へのキップを手にしようという焦燥感や虚無感、諦め、見える事への苦悩といったものが、キアヌ@コンスタンティンからはあんまり感じられなかった。
主人公の心情をもっと感じられれば、もうちょっとリアリティのある映画になったんじゃないかなと思いました。

後、配給会社は「マトリックス」の客層を狙っているようで(日本語タイトルのフォントもマトリックスっぽいし)、日本版トレイラーも「マトリックス」っぽく仕上げていたり、「次のマトリックス」とか言っちゃってますが、全然違いますから!世界観も違うし。

他のキャラクター@役者は、それぞれ合っていたと思います。ガブリエルのキャラは面白かった。(笑)VHのガブちゃんとは全然違います。

この映画は本国でR指定なんですが、その理由がやっと分かりました。<見終わった後どこがR指定なの?と友達と話してたので(そんなに血も出てないし)>煙草だと思います。あっちでは結構うるさいみたいですからね、、、。(LOTRのガンダルフのパイプシーンも色々あったようで)

Mii
スポンサーサイト

Hellblazer«  | HOME |  »blog sesson!

COMMENT

祝 * ブログスタート!

なるほどねぇ、キアヌくん…なるほど、なるほど~。
あー、そんでR指定ってのね、なるほどぉ(納得)

というワケで常々はご無沙汰いたしておりますが、こういう場合には
ご祝儀コメ一番乗りを心掛けてるアリーです、今晩はー。
共同ブログって事で、景たんとこから飛んでまいりました。
今後も、お2人の掛け合い(?)を楽しみに読まして貰いますね。

私は今週、イーサンの「ビフォア・サンセット」観たばかり。9年まえの
「恋人までの距離」続編て事で、血湧き肉踊るものを感じましたよぉー。
来週は今年度ベストワンになるだろう期待作(あくまでワタクシ的にですが)ガエル・ガルシア・ベルナルの「バッド・エデュケーション」を観る予定なり。
Miiさんもまた何か観たら、今後もどしどし感想載せて下さいね。
私の方は、どしどしロムりに来ますから(笑)

ロクな祝辞も言えねーくせに、勝手に馳せ参じてゴメンナサイ。
萌え日記(?)そして萌え叫び(??)楽しみにしてまーす。

さっすがありーたん♪番乗りさんくす~!
景たんは只今wowowで「28日後」を見ておる最中ですが・・・こ、こえーな、コレ( ̄Д ̄;

バッド・エデュケーション見に行ったら、ガエル君によろしくお伝えください(何を)。そして、景たんのかわりに萌えてきてちょ(笑)

>miiさん
キアヌ、いまいちだったんだぁね?
TVスポットとかだけだと、ビジュアル的にはハマってそうだと思ってたけど。残念~。

>aliy*さん
わーい!コメントありがとう~
自分の書き込み(ブログ)にコメントあると嬉しいですねぇ。エヘヘ。
「バッド・エデュケーション」!チラシを見た時から見たいと思ってたんですよねぇ~ 上映館が限られてるのが難点ですが、、、。あの色遣いがいいですよね。ご覧になったら感想教えて下さいね~!

>景さん
「28日後」、面白かったです。恐くて☆
キアヌはビジュアル的にはOKなんですが、演技が、、、ね。(苦笑)

はじめまして・・・。

私は明日「コンスタンティン」を見に行く予定です。なので、このページが気になって寄ってみました。
 うぅぅぅ~ん、とりあえず見てこようかなっ・・・・て思いました。
 この感想を思い浮かべ見てきます☆
お邪魔いたしました。

Kitchuさん、はじめまして~
コメントありがとうございます。

人によって感じ方が違うのは当たり前ですから、何でもとりあえず見てみるのはいいと思いますよ~ 見所はありますので。(笑)映画を見るとより原作に興味を持つというのはありますが。

Bad Education

いやさ、いつまでもココ引っ張るのは申し訳ないっすけど‥(汗)
Miiさんてば次まだ書かないみたいだし、つまり感想も話たいしってことで。

アルモドバル作品てのは、観る度にいつも思うんですけどもね、人間ってのはつくづく孤独なんだなぁ.。o○ 愛ある人々が、そちらこちら張り巡らされてるのに、それぞれには絆が薄くって。 想う人には想われず、こいつに想われてもな~という、大概そういう相関さが、リアル。 で、そんな中でだからこそ、一筋の絆が見え隠れしたりすると「おお、これぞ真に」な愛を認識‥っつーか、ね?(何のこっちゃ)
だからかどうか、アルモドバル作品は観終わった後、純真な子ども時代を懐かしむような郷愁にも似たものを含みながら、おい、オマエそのまんまでいいんか?と、愛ってものをちゃんと持ってるかーと、この先の不安に揺さぶられるような、何とも表し難い複雑な気持ちに襲われまっす(要はソレの中毒)

まぁでも、期待していた"ワタクシ的今年度のベストワン"に、ならない事は判明しましたよ(爆) 今回は前作ほど出来が良くなかったですかねぇ。
サスペンス具合と、いつもの劇中劇は面白かったんですけど、何気にテーマとなると良く掴めなかった。 究極の愛とはいえ、どこらへんが?‥ま、死ねばそうなんのか?しかしそりゃ安直な表現だろよ‥とか、そんな風にも思いましたから。

とはいえ、アルモドバル流オープニングとか、毎度の重めな音楽とか、俳優さんも良かったですよ。 ガエルくんの女装、キサス・キサス♪と歌うところは、立って拍手を送りたくなりましたし(笑) ガエルくんは偽オカマとしても、スペインのオカマってのは、ホント迫力あって凄ーい。
フェレ・マルチネスは特に、男が男を品定めするところの妖しい視線、すんごく巧かったですし。
私も誰かに、あんなふうに目で舐められてみたいよ(もう無理/笑)

あ、そして景たん!
頼まれたとおり、ガエルくんには宜しく伝えときましたからね(何をだろ)

>Miiさんてば次まだ書かないみたいだし、つまり感想も話たいしってことで。

いやぁ、ここは景さんのブログでもあるんですけどね?景さん。
そういう時は掲示板を使って頂いても構いませんよ~

>バッド・エデュケーション
ほー、なるほど。ガエル君の女装は美しかったですか!ガエル君のママに似ているそうなので、さぞかし美人なんでしょうね、ママ。(笑)

POST

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://session.blog8.fc2.com/tb.php/2-c7253df4

 | HOME | 

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。